新潟市西区 簡易中華そば屋 しぜん堂 あみそらぁめん / AMGをアーマーゲーと「呼ぶが如く」。

内野駅からもほど近い、「簡易中華そば屋 しぜん堂」。

しぜん堂の外観(2016年4月)

店主は、巻濃厚味噌の祖・「こまどり」で修行されたと聞いております。

以前は看板がなく、店名すら分からないという珍しいお店でしたが、いざ看板ができてみると「簡易中華そば屋」となってて、なおさら珍しいお店になりました(笑)。

ウェットに富んだジョークってヤツでしょうか?(それじゃびしょ濡れや!)

メニューも面白くて、味噌ラーメンは「あみそ」と「びみそ」の二種類あります。こちらに行くたびに、「何が違うのか?」と店員さんに質問してるお客さんに遭遇します。

店員さんも慣れた様子で説明してますが、「あのやり取り、・・・大変だろうなぁ~」と、聞いてていつも思います。

ここはひとつ、拙者、微力ながら助太刀仕り候。

あみそとびみその違いは、・・・あ、大盛り研究所の「新潟五大ラーメンしらべ・新潟濃厚味噌ラーメンの巻」に詳しく書いてあったので(笑)、よかったらご参照ください。ませませ。

で、今回は「あみそ」。「A味噌」ですね。Aは、ドイツ語ふうに「アー」と発音いたします。

しぜん堂のあみそらぁめん

スープが泡立ってますね。麹か何かの?発酵臭的な匂いがします。芳醇なかほりの、独特な味噌。

只ならぬ個性がキラリ、熟年的な魅力を持った一杯。「初老」でなく「熟年」です。あくまで「熟年」、熟してないと。

ちなみに、「びみそ」は「B味噌」。こちらは野菜入りのこまどり風で、発音も「ベー」じゃなくて「びー」です(笑)。

実に面白いお店だなぁ~♪

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:新潟市西区槇尾208-1

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。