燕市 ライオン食堂 中華そば&カツ丼 / 着丼時にお支払い、がツウ。

「おはようからおやすみまで」でお馴染みの、ライオン食堂(ライオン違い)。

ライオン食堂の外観

燕市と言っても旧・分水町、分水駅のそば。なかなか見つけにくい場所にありますが、見つけた時の喜びはひとしおかと。

ラーメンは、食堂系の燕背脂。大むらの支店に似ていると思います。

ライオン食堂の中華そば(具はチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ)

小ぶりの丼なので、大盛りにするとあふれそうなくらい「むっつり」。‥‥間違った。「むっつら」で、「ぐっつら」(新潟県外の方には伝わらないオノマトペ)。丸くて柔らかめのウドンふうの麺は、「ふっくら」。

正直、かなり好き、です。

分水の有名な背脂ラーメンのお店としてはもう一軒、「中華亭」がありますが、中華亭のほうは「あっさり」と申しますか淡白で、むしろ塩背脂中華な印象。こちらとは対照的です。

もうひとつ、「カツ丼」も激☆オススメです。

渋いデザインの店名入り丼で出てくるカツ丼(お新香、味噌汁付き)

漬物の入った小皿を乗せた蓋が持ち上がってる。容姿に感激です。

緑地に白抜きで「ライオン食堂」と書かれたドンブリも、抜群に粋でいなせな感じ。てか、このドンブリ欲しい~!! カッコイイ~!

大盛りカツ丼の蓋を開けたところ(卵とじタイプ)

カツ丼の形状は、いわゆるアダムスキー型(UFOで言えばシリーズ!)。

なお、こちらは注文もお水もセルフです。厨房にオーダーを告げに行かないと、いつまで待っても注文を聞きに来てはくれません(笑)。

地元の常連さんは、「着丼」と同時にお支払いも済ましてしまうのが、粋でいなせ。ライオン通=ライオン食堂のツウに、ちょっと憧れます (^_^;)

分水の名店、ライオン食堂! 末永く続けていただきたいお店のひとつです。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:燕市下諏訪9-20

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。