東京都台東区 名代 富士そば 上野広小路店 かつ丼セット(冷やしそば)/ よせばいいのに、寄席通い。

あゝ上野駅。アメ横を横目で見ながら、徒歩でトホトホ・・いえ、トボトボ 広小路。
芸のためなら 女房も泣かす それがどうした 文句があるか? 目指すは、鈴本演芸場。よせばいいのに、寄席通い・・・やって来ました、おっかさん!

さぁ~ 歌っていただきましょう! 大盛りユキヒロックで・・・『上野 恋しぐれ♪』

・・・そんな歌は、、、なーーーーーい。(笑)

東京でのメインイベントは、上野の広小路にある「鈴本演芸場」で、『落語をみる覚悟』です。(回文…嘘) こちらの寄席に行くのは3回目くらいでしょうか?

簡単に鈴本演芸場の入り方を説明しておきますと、昼の部・夜の部のニ回公演となっております。

基本的に当日券のみです。昼の部は12時からチケット販売開始になので、11時くらいから演芸場の前に並び始めます。昨今は、アニメにもなった「昭和元禄落語心中」などの影響でしょうか?若い女性も足を運ぶ「寄席ブーム」が押し寄席ております・・・寄せておりますか?・・てやんでぇ~。江戸以来の平成落語ブームなんて言われてるそうだぜ、バッキャロー!(言い回しが落語って言うより、チビ太じゃね? チビ太だよね?)

なので、あれだね、だから、あれだよ、あれ、休日は早目に並ぶのがよろしいかと。。。そうでないと、満員御礼で中に入れてもらえない人も出てくるのかも知れませんよ・・・これがホントの「落伍者(落語と落伍ね)」ってもんよ?

・・・えー、お後がよろしいようで。(笑)

公演時間は、昼の部12:30~16:30で、最初から最後まで観てても、入場料がたったの2,800円(大人)! 正直、安いと思います。10~15組くらいの落語や漫才、紙切りなどの演目がテンポ良く進みます。この時は、若手の人気落語家さん「春風亭一之輔」さんを聞けて良かったです。やっぱ、才能あるなぁ~って感じ。

・・・で、その前に腹ごしらえ。 腹が減っては落語は聞けぬ。あ、寄席の中でも飲食はできますけどね。周囲に迷惑にならない程度であれば、アルコールも、あ~るコール。(イマイチ)

上野 富士そば2017-04-23 016

近くに24時間営業の「名代 富士そば」で、蕎麦(冷)とカツ丼がセットになった「かつ丼セット 720円」と、おつまみにコロッケと天ぷらで生ビールをグビッとな。

上野 富士そば2017-04-23 013

上野 富士そば2017-04-23 014

上野 富士そば2017-04-23 012

最近は、「富士そば呑み」ってのも流行ってるそうですよ。「名代 ふじ酒場」なんてPOPも店内にありました。「スターウォーズ 名代(ナダイ)の復讐」って感じでしょうか?w
アルコールは、生ビールとハイボールがありました。個人的には日本酒を置いて欲しいな。蕎麦と日本酒の組合せが好き♪
券売機には「サントリー プレミアム・モルツ」って書いてありますが、グラスは「アサヒ スーパードライ」なのは、、、ご愛嬌ってぇ~もんでぇ~。(^_^;)おぅ!こちとら江戸っ子でぇい!(越後人・・越後リアンじゃないか!)
それにしても240円!で生チューは、ありがたいでチュー!

席もスタンディングだけでなく、椅子も完備されてる席もあるので、本格的に呑もうと思ったら呑めない訳でもない感じ。いや、おつまみが揚げ物中心なので、長居すると胸焼けしそうですけどね。(^_^;)

「名代 富士そばのかつ丼 日本一」説を唱えておりますが、「YOUは何しに日本へ?」とか言う番組で、外国から日本に来ていたサイトシーイング(Not 斉藤寝具)の人が同じ事を言ってて、ちょっと感動しました。わかってるね、YOU!って感じ。(それ、ジャニーズな!)

「寄席と、富士そば。」・・・うん、声に出して読みたい日本語ですね。

ごちそうさまでした。。。。。

お店の住所:東京都台東区上野2-1-10 うえの村松ビル

投稿者:yukihi69

同じ食べ物の記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. これは御徒町から湯島方面に歩いた上野広小路交差点角ですね!
    この辺りは安い飲み屋が多くていいですよね。。
    上野周辺は我々地方の人間にとって東京そのものという感じですな。
    少し昔の人間にとってですか^^;

    1. そうなんです、上野広小路です。(^o^) 
      今でこそ「とき」は新幹線ですが、ボンネット型の「特急とき」で上野に行きましたね。
      ボンネット特急めっさカッコ良かった。雪に強い構造にするためのボンネットだったようです。
      中学生の修学旅行では、まだ特急組と、新幹線組と往復路で別れてたような記憶・・違ったかなぁ~?

  2. 大盛り様、こんにちは。

    今回の東京編も面白いですね。

    出張とかっていうのが殆どない仕事をしていますので、東京へ行くことは滅多にありませんので、私用でぜひ東京へ行って、寄席なんかにも行ってみたいです。

    私は落語家の中でも柳家喬太郎さんの大ファンなんです。

    『時そば』の噺の中に出て来るコロッケそばが、非常に食欲をそそるのです。

    つい先日も自宅でそばとコロッケを買って来てコロッケそばを作ったのですが、カレーコロッケはそばとの相性はあまり良くないなぁって感じました。

    カレーうどんやカレーそばがあるのに、何でカレーコロッケはそばと合わないのかなぁ…

    1. 柳家喬太郎さんのコロッケそばの枕、良いですよね。めっさ食べたくなります。カレーコロッケはイマイチなんですね?(笑)
      カレーコロッケうどんの方なら、合うのかもです。今度試してみたいです。

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。