燕市 なおじ 吉田店 ナオウ / 我が生涯に一麺の悔いなし!?

リニューアルして看板やメニューなどが新しくなった、「新潟ラーメン なおじ」吉田店。

なおじ吉田店の外観

メニューは豊富な構成で、燕のご当地メニュー的な「燕三条背脂中華そば」、半ライス付の「肉そば」、看板メニューである二郎系の「なおじろう」と、その味噌バージョン「味噌じろう」。

さらに、数量限定の長岡系「生姜醤油ラーメン」、新潟あっさり系「昔なおじの醤油ラーメン」。そして、今回ご紹介する濃厚豚骨ラーメンの「ナオウ」。

そのナオウ、「最強ラーメン」と冠が付いております。‥‥なおじからの挑戦状、いや、果たし状と受け取りましたぞ (*^^*)>

なおじの前の、「極一」時代の濃厚な豚骨はお見事でした(現在は違う場所で「夷霧来(いむら)」の方々がやってるようです)。その後、旧・白根市R8沿いにあった系列店「シェ(帅)」で日本最強を名乗る濃厚豚骨ラーメンを出していましたが(旧ブログの記事)、そちらも閉店。

そして今、正当な後継者とも言うべき(自称)最強ラーメンの登場!! その名もナオウとあっては、気合いを入れて臨まねばなりません。

いざ! 勝負!!

なおじ吉田店のナオウ(具はチャーシュー、メンマ、味玉、ネギ)

スープは濃厚豚骨と呼んで間違いない粘度。濃厚ではあってもケモノ臭さを感じさせないのはさすがです。そのスープに負けない平太麺も良い感じ。

ただ、麺が多加水すぎるのかちょっとヌルヌルしているのと、温度がややぬるいのが気になります。ぬるめは濃厚豚骨の宿命なのかもしれませんが‥‥。

シェでいただいた「日本最強濃厚とんこつ」に比べるとやや大人しいですが、あの味を彷彿とさせ、片鱗を垣間見たような気がするのは確かです。

が、「最強ラーメン」は言い過ぎかな、と。

「ラーメンとして美味いのかどうか?」とか「一般の人に受け入れられるかどうか?」を考えますと、なかなか難しいのかもしれません。でも、久しぶりに濃厚な豚骨を食べれたのは嬉しかったです。

ここで突然ですが古代日本史クイズ! 濃厚豚骨好きな人って、縄文人? それとも弥生人?

答えは弥生人。なぜなら、稲作中心の農耕(ノーコー)民族だから。‥‥なんちって♪ イッツ・レキシ・ジョーク。

寒いジョークはおいといて、ナオウの名前の由来はやはり「北斗の拳」のラオウだと思いますが、あの名ゼリフのように「我が生涯に一片の悔いなし!」とまでは言い切ることができませんでした。

いつか私も言ってみたいな、「我が生涯に一麺の悔いなし!」 ‥‥単に食べてるだけの人ですけどね (^^ゞ

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:燕市吉田鴻巣27-44

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. こんばんわ^^

    極一もシェも美味しかったかどうかは別にして濃かったですねw
    この写真は、それなりに濃厚で美味しそうなイメージです!
    久々になおじに行ってこようかなという気になりました。

    私は、なおじ系列なら響が一番良かったなあ。。。

    1. こんばんわ♪ あ、そうですね、響、、、良かったです、私も好きでした。(^^ゞ

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。