燕市 らぁ麺 ほっしん 背油醤油らーめん / 木曜サービスで、杏仁豆腐をもらっちゃったのさ。

ファーストガンダム世代の琴線に触れるカラーリングの建物、それが分水ショッピングパーク・パコ。パルコでなく、パコ!

分水ショッピングパーク・パコの外観(2016年11月)

「らぁ麺 ほっしん」は、その中にあるお店。

毎日毎日飽きずにラーメンですが、己のほっしんのために、いえ、保身のために食べてるわけでは決してなく、食べたいから食べております。

私財を投げ打ってまで連日ラーメンを食べる、いわば「拉麺バカ一代」。梶原一騎先生も、草葉の陰から見守ってくださるやもしれません。呆れ顔で。

先回は「背脂塩らーめん」をいただきましたが、(自分の中では)初訪問時の注文としてはイレギュラーなメニューでしたので、今回は初心に立ち戻って、今一度自分とラーメンを見つめ直そうと思います。

というわけで、「背油醤油らーめん」。

らぁ麺ほっしんの「背油醤油らーめん」

燕背脂ラーメンなルックスですが、麺は黄色い平打ち縮れ太麺。「割り箸じゃないと麺が滑って持ち上がらないよ~」な感じで、喉越しツルリ系なのが特徴的です。

スープは豚骨と煮干しでしょうか? 背脂の量は特に指定してませんが、それでこのくらいでした。

トッピングは、チャーシュー2枚に、メンマ、海苔、玉ねぎみじん切り。長ネギでなくタマネギなのが嬉しい。

感想は、「うん、背脂で、醤油だね」。ハイオクではなく、レギュラーな印象でした。

そして、食べ終えたとこに「サービスです♪」といただいたのが、こちら。

らぁ麺ほっしんのミニ杏仁豆腐(木曜日のサービス)

手作りのミニ杏仁豆腐です。杏仁好きとしては思いがけない嬉しい誤算。

食べ物タダでくれる人って、大好き♪ “Thank you for your kindness” もしくは “Thank you for your tenderness” です。

そうなりますと「さよならのかわりに」ってことになりますが、この場合、「さよならのおかわりに」かい?(もー! くいしん坊なんだから~♪)

しかし、ラーメン後の「あーめーがん」すなわちスイーツは、さすがに食べ過ぎ。食べ終わった後、ほっしん状態に、いえ、放心状態に。‥‥なるのかな?

「いや、ならないね」

そんな殺生な! カンニンしてーや、アンニンしてーや!

なお、サービスの内容は曜日により変わるようです。

あと、実はほっしんは、後日食べた「白味噌らーめん」がとても良かったのですが、それはまた、別の話(森本レオさんの声でお読みください)。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:燕市分水新町1-6-5(分水ショッピングパーク・パコ内)

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。