三条市 あいでん本成寺店 自家製お弁当(のり弁) / のり弁とは、小宇宙である。

あいでん謹製、「自家製お弁当」。

あいでんの200円のり弁 (開封前)

200円の「のり弁」です。

サイズは若干コンパクトではありますが、フタを開けますと、

あいでんの200円のり弁 (開封後)

のり弁としての体裁は十分に整っています。

と、ノリノリで紹介しようと思ったのですが、あいでんの200円のり弁は以前にも記事にしてましたね(笑)。

というわけで、今回はお弁当の詳細についてでなく、別のお題で迫ってみたいと思います。

それは、「のり弁とは小宇宙(コスモ)である!」

小宇宙と書いてコスモと読みます。若人よ、君はのり弁にコスモを感じたことがあるか!? 私は感じる、ヒシヒシと。

「そもそも小宇宙とは?」って話から始めますと、Yahoo! 辞書(大辞林 第三版)の「小宇宙」によれば、

  1. 銀河。
  2. 宇宙の部分でありながら、全体と同様のまとまりや構造を備えたもの。特に、人間を宇宙と類比的なものと考えて呼ぶ。ミクロコスモス。

となります。のり弁のコスモは2番めのほう、つまり「それ自体で完結した世界」のような意味でしょうか?

白飯をマントルとすれば、おかか昆布は地殻。となると、海苔は海? 黒海ってのもあるし。

4つのおかず(白身魚のフライ、ちくわ天、鶏唐揚げ、大根桜漬け)は、大陸でしょうか? 大陸の数え方は色々で、四大陸とすることもあるそうです(旧大陸、新大陸、オーストラリア、南極)。

そう、のり弁は地球。地球そのもの。

‥‥んんん?! 小宇宙のはずが、いつの間にか地球に??

まー、地球も「それ自体で完結した世界」だと思うので、「のり弁とは地球であり小宇宙である!」ということでひとつ(強引)。

あいでんののり弁は、200円で買えるコスモ。素晴らしいじゃあーりませんか! 問題は安さゆえについつい食べすぎてしまうことですが、その分脂肪を燃やせば無問題。

そう、お腹の脂肪を熱く燃やせ! 聖闘士星矢が心のコスモを熱く燃やすが如く! くらえ、ペガサス流星拳!! センシーヤッ!

うーん、気合でごまかしてみたものの、分かったような分からないような。今回は思うようにまとまらなかったッス。力不足。お弁なさい。もとい、ごめんなさい。テヘペロ♪

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:三条市西四日町4丁目16-29

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。