群馬県高崎市 そば処吉野家 イーサイト高崎店 朝定食(朝そばいなり)/ たぬき蕎麦のたぬきって、何処から来たの?

2年ぶりに群馬県 高崎市に出張でした。

高崎2017-05-25 023

先回と同じく、朝は高崎駅の「そば処吉野家 イーサイト高崎店」にて、蕎麦をいただきました。もう群馬に来たらルーティーンになってますね。

でも、今回は「牛丼屋さんで、牛丼・・・食べんのかい!」と、少しヘルシー路線で、かけ蕎麦といなりのセット「朝そばいなり」をチョイス!

通常、かけ蕎麦が390円なのに、時間限定の朝定食はおいなりさんがふたつも付いた「朝そばいなり」が同価格390円なんですもの。。。そりゃー、「いなり」ますよね?(うなりますよね?)・・・「いなっちゃいます」よね?

高崎2017-05-25 008

「いなり」ました。

高崎2017-05-25 012

「いなられました。」おいなりさんって、ビジュアル的に2個でワンセットがシックリくるような気がします。なんでしょ?これがホントの人間工学?!

高崎2017-05-25 011

かけ蕎麦られたりしました。

・・・あれ?!

かけ蕎麦なのに、天かすが!!

・・・そうなんです、天かす無料なので、漏れなく「たぬき」に変身。

お稲荷様の狐と、たぬき蕎麦の狸で、これがほんとの「狐と狸の化かし合い」ですね。 もしかしたら、蕎麦でもいなりでもなく、化けた葉っぱを食べてたのかも知れません。

ちなみに、「たぬき蕎麦」ってなんで「たぬき」なんでしょうね?「たぬき蕎麦のたぬきって、何処から来たの?」・・・早速、調べてみましたよ。大きくふたつの説がありました。

  1. 「タネ抜き」が転じて「タヌキ」説
    天ぷらを「タネ」と称し、そのタネを入れない(タネを抜いた)蕎麦なので、「タネ抜き」が転じて、「タヌキ」となった。
  2. 「きつね蕎麦」に対して「たぬき蕎麦」説
    きつね蕎麦に比べて、汁の色合いが濃く濃厚な味付けであることから、油揚げの乗った「きつね蕎麦」に対して「たぬき蕎麦」と呼ばれた。

・・・だそうですよ。

ちなみに、ちなみに、江戸の蕎麦屋さんには、「天抜き」ってのも存在するそうです。天ぷら蕎麦から、蕎麦を抜いちゃうらしいです。つまり、蕎麦汁に天ぷらだけが入ったもの。酒のツマミにいただくようです。だったら、揚げたてサクサクの天ぷらをツマミに呑めばいいじゃねーか?と思うのですが、そこが江戸っ子のちょっと、ひねっくれた「粋」ってやつなのでしょうね。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:群馬県高崎市八島町222 イーサイト高崎

投稿者:yukihi69

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。