三条市 笹舟 栄店 ラーメン / 初代マスターの「神回」、その時間はごくわずか。

旧・栄町の国道8号沿い、「笹舟」の栄店。

笹舟栄店の外観(2016年6月)

こちらは自分の「ホーム」と言っても過言ではないお店なのですが、「新・大盛りユキヒロック」では今回が初登場(須頃店閉店した保内店は記事にしてます)。自分でも意外・・・。

栄店は日常的な存在すぎて写真を撮らないことがほとんどで、10回行って1回撮るかどうかという感じなので、そうなっちゃったのでしょう。観光地や神社仏閣の写真は撮っても、近所や自宅の写真はあまり撮らない、みたいな?(って質問されてもねぇ~)

というわけで「ラーメン」です。

笹舟栄店のラーメン

須頃店の巻でも書きましたが、笹舟のラーメンは自分の中のモノサシ。ええ、正直に申しまして、一番好きなラーメンと言えます。

ラーメンを食べる時は、「このお店のは笹舟のと比べてどうだろう?」ということを、意識的・無意識的に考えます。

「笹舟のラーメンは長岡の生姜醤油ラーメンと何らかの関係がある」と信じているのですが、長岡のに比べると生姜は控えめ。でも、自分が基本的に長岡生姜醤油系を好きなのは笹舟の影響だろう、と自己分析してるのです。

海苔が美味しいです。一時期、この美味しい海苔が変わってしまってショックでしたが、今はまた元に戻っていて嬉しく思ってます。

海苔マシマシな「海苔ラーメン」もあって、これを頼む方がいると「分かってんなぁ~」と思います(実は自分は頼んだことないのですが)。心から尊敬の眼差しを注ぎますです (^^ゞ

栄店には、現在、笹舟の初代マスターがおられます。もともと須頃店を開業されたのですが、そちらは娘さんとお婿さんが切り盛りしているので、栄店が実質的に「本店」と言えるかもです。

ただし、初代が厨房に立つのはお昼時だけで、14時くらいに上がっていく感じのようです。で、その時間帯を、自分は勝手に「神回」と呼んでます。

同じ素材で作るはずなのに、初代のいる時とそうでない時には、やはり歴然とした差があるのです。体調の良し悪しとか、仕入れのブレとか、季節とか偶然性とか、作り手にも食べ手にもあるだろうとは思うのですが・・・。

笹舟栄店では、ぜひとも神回を体験していただきたい。混み合うお昼時だけという、相当険しい条件ですが、その中で出会う一杯は貴重な体験になることでしょう。

栄店には保内店の(元)店長さんもおられたのですが、最近は見かけません。真相は不明ですが、体調が良くない(腰を痛めた?)ような噂を耳にしてます。

初代と保内店店長で、ひとつのカウンターを半分ずつ担当するという、コラボレーション的、ダブルネーム的な、・・・いえ、仮面ライダー1号2号的な? いや、ウルトラマンとゾフィー的な? 立ち姿は感動ものでした。ご復帰を心より祈念いたしております。

ごちそうさまでした。。。。。

お店の住所:三条市福島新田丁617-1

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。