見附市 食い処 二代目しぶ家 ラーメン / しぶしょく、二代目を襲名す。

覚えてオラれますでしょうか? 閉店されて久しい、見附市の名店「渋谷食堂」。その後、「ざいごもん(閉店)」を経て・・・まさかの代替り!二代目襲名。その名も「食い処 二代目しぶ家」。

外内装リニューアルされて、お店もすっかり若返りました。時は2018年5月末の出来事になります。

見附 二代目 しぶ家 2018-05-30 018

昨年末に、その年に伺ったお店の中で印象深かったものをまとめた「大盛り研究所特別編・ユキヒロックアワード2018」でも登場していましたが、ようやく本記事になります。(つまり食べた日と、記事になる日の時間差が現時点でちょうど17ヶ月くらいのタイムラグがございます。なんとま~、ルーズなブログなのでしょう・・・)

それはともかく、ほんとにほんとにほんとに、嬉しい出来事でしたわ。まさか!?渋食(しぶしょく)がこんな形で復活を遂げていただけるなんて。。。嬉しすぎるサプライズ。「ありがたい!」の一言に尽きます。

中華料理屋さんで修行されてたお婿さん?・・・かな?詳細は定かではありませんが、何はともあれ、ありがとうございます!!

見附 二代目 しぶ家 2018-05-30 020

興奮冷めやらぬ気持ちを、まずはお冷で落ち着かせましょう。

見附 二代目 しぶ家 2018-05-30 019

ちょっとピンぼけ。気持ちが前のめりだったので、ピントも合いませんがな。ピンともスンともッスわ。

迷いに迷って・・・ではでは、まずは醤油味の「中華そば」からいただくことに致します。

見附 二代目 しぶ家 2018-05-30 021

「おお~♪」

見附 二代目 しぶ家 2018-05-30 022

「おおお~♪」(同じ写真ですが、切り取り方で『二度見』を表現してみました。)

なるほど、店舗の若返り同様に、中華そば自体もアンチエイジング。先代の面影はあまり感じられませんが、これはこれでとても美味しそう!時代に合わせて来てる感じ。特に岩のりがナウいね。

味の方は、基本と言いますか土台がシッカリしてる「中華そば」でした。経験者なんだろうなぁ~と言う感じ。

ホントは、進化論の「ダーウィン」が言った言葉ではないらしいけど、『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。』と言う言葉を思い出しました。

今後も末永く、三代目にも継いでいただけるよう頑張っていただきたいです。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:見附市新町3丁目5-1

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。