三条市 らーめん亭 炎 味噌らーめん / 燕が先か、三条が先か? 燕三条物語。

炎(えん)、その3です。過去記事はコチラ → その1その2

北陸自動車道・三条燕インターチェンジ近く、高速の出口から見ると道路の向かいにあります。でも、カレーハウスCoCo壱番屋の裏手なので、見えにくいと思います。

らーめん亭 炎の外観

ちなみに、高速道路は「三条燕インターチェンジ」ですが、そのすぐ近くにある上越新幹線の駅名は「燕三条駅」。

駅を作る際には、燕市と三条市の境い目ということで名前を巡る論争があったそうです。言われてみたら、うっすらと記憶があるような、ないような‥‥。

最終的には田中角栄先生が仲介して、駅の所在地(住所)は三条市にして、駅名は燕を先にすることで収まったのだそうです。

三条市民の自分が言うのもなんですが、「三条燕」って語呂も悪いし、今となっては違和感あります。「燕三条」のほうが新潟県外の方にも浸透してますし、「つばさん」と縮めた呼び方もブランド化してますよね。

「どう呼ばれるか」「どう呼ばれたいか」って、影響が大きい。やっぱ名前は大事ですね。

おっと、話が脱線。‥‥あ、新幹線で脱線するのは困りますね!(上手い!)

炎(えん)の味噌らーめん

赤味噌ベースのスープ、黄色い太麺、炒め野菜。厨房で野菜を炒めるときは店名のとおりに「炎」が上がって、迫力あります。

写真のように、卓上に用意されているゴマとおろしニンニクを大量に投入していただくのがユキヒロック流。ユキヒの流儀? (^_-)

なお、お店の住所は三条市になります。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:三条市須頃3丁目10

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。