大盛り研究所 / 新潟五大ラーメンしらべ・燕背脂ラーメンの巻(5ページ目)

食堂系背脂

所長:「食堂系の二大巨頭」と呼びたいお店が「まつや食堂」と「大むら食堂」なんじゃが、この二店も徐昌星さんの指導を受けたらしい。その意味では直系と言えなくもないかもしれんが、ラーメン自体の特徴が少し違うので、やはり別に分類するのが適切かと思うのじゃ。

メイ:どういう違いがあるアルか?

所長:傾向としては、麺は直系と比べると細め。直系のは平たい麺じゃが、食堂系は丸麺とか少し角ばった麺を使うことが多い。スープは、直系より甘めだったり、醤油があっさりめだったり、じゃな。想像でしかないが、「その店のもともとのラーメンの味+福来亭・杭州飯店の強い影響=食堂系」という感じなのかのう。

食堂系は、各店の味がひとつの完成形に到達して、そこから代替わりや暖簾分けなどでまた新たな流れができておる。ここでは、二大巨頭をはじめとする食堂系のお店を列挙してみよう。わしの考える分類じゃから異論もあるかと思うが、そこはひとつよしなに。

記事にしたことのあるお店はリンクを張っておくから、すまんが画像はそちらで見てくだされ。旧ブログで記事にしているお店もあるから、もし興味があったらフッターから検索してほしい。

  • まつや食堂(燕市殿島2-7-3)

    まつや食堂の大盛り中華そば(大油)食堂系二大巨頭のひとつ、西の横綱じゃ。

  • 食堂 まつや支店燕市仲町2879-4

    もやし中華をぜひ食べてほしい。

  • 大むら食堂(燕市小高810-4)

    大むら食堂のAセット(半中華、ライス、餃子3個、サラダ、お新香)食堂系二大巨頭・東の横綱じゃが、代替わりしてかなりニュー・ウェーブ系寄りになったと思う。太麺と細麺を選べる。

  • 食堂 大むら支店(燕市秋葉町1丁目5-14)

    大むら食堂の先代の味に近いのは、むしろこちらだと言われとる。

  • 花岡食堂(燕市花見24-2)

    個人的に「塩醤油背脂」と呼んでおる。ラーメン雑誌ランキングの上位ランカー。

  • さとう食堂(燕市杉名31-3)

    花岡食堂に近いニュアンスを感じるのぉ・・・。正直、好みです! なのじゃ。

  • やまがみ屋食堂(燕市南1-12-16)

    やまがみ屋食堂の大盛そば(大油)女性が作る燕背脂ラーメン。

  • 喰い処 政(燕市水道町3-27-15)

    食い処・政のラーメンほんのり林檎が香る赤いチャーシューが秀逸。

  • 喜楽亭燕市大字燕3149

    燕駅前の夜の胃袋を支えるお店。一時、下ネタメニューで有名になった。興味のある方は「燕市 喜楽亭」でググってくだされ。画像検索すると面白いぞ。

  • 桃杏花(とうあんか、燕市八王寺1743-2

    食堂というか中華料理店。「特製醤油らぁーめん」が背脂ラーメンなのじゃが、なかなか本格的で、良い意味で期待を裏切られた。

  • こかね食堂(燕市秋葉町3-10-21)

    背脂なのにあっさりなのは「鶏+煮干し+背脂」だかららしい、というウワサじゃ。
    「こがね」と読むとムーの樹木希林ふうに「こかねです」と反論されるらしい、というのは大ウソじゃ。

    (追記:こかね食堂は再調査をしております。ぜひリンク先をご確認ください)

  • ラーメンくまや(燕市大保町4-1)

    平日大盛り無料なのが嬉しいのお。炒飯もグッド。

  • ライオン食堂(燕市下諏訪9-20)

    食堂系背脂のわし的No.1店。激しくオススメじゃ。

所長:ゼイゼイ、疲れたのお。なにしろ数が多くて、挙げるだけでも一苦労じゃ・・・。

メイ:ワタシ代わるから、しばらく休んでるよろし。次は、ニュー・ウェーブ系背脂を挙げていくアルよ!

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. 微力ながら小生の情報が役に立ち光栄です。さて小生が選ぶ背油ベスト10ですが
    1、初代めんきち 2、燕宮川食堂 3、吉乃や 4、ライオン食堂 5、大むら支店
    6、だんち食堂 7、やすどん 8、三条中華亭 9、政 10、やまがみ食堂です。杭州や安福などは、美味いかですが値段が、んん~ですかね。今から約2年半位でしたかマサさんのブログを見てこれは美味いと感じて即行ったのが宮川さんです。杭州が確か750円の時になんと500円で食べられだしが良く効いて煮干しプラス良質のたぶんこんぶやかつおだしがほのかにしました。麺も多く具体的には三条しゃがらの大盛り位は有ります。最初食べた時は超感動でした。値段安くダシもよく効いていて麺の量も多くまだ隠れた名店が有ったもんだと思いました。現在は600円ですが燕エリアの価格帯からすればまだまだ安くて量も多く美味いです。宮川さんは大油でと言って下さい。先般のプラント内にある見附ブラック同様検証して頂ければ幸いと思います。はい。

    1. この度はご協力いただきましてありがとうございました。諸説あり、全く違う説もあるので正解かどうかわかりませんが、自分なりのひとつの区切りになりました。
      燕の「宮川」は、何度かお店の前を通ったことはあるのですが、フラれていました。ぜひ食べてみたいです。(^^ゞ

    1. びっくりぽん! 京都の新福菜館と繋がったのには、じぇじぇじぇでしたが、二郎と繋がってもおかしくない気がしてきました。

      そうなると・・・東京の背脂「ホープ軒」とか、環七の「土佐っ子」とかにもどこかで繋がるのかしら?

      背脂皆兄弟! 背脂は世界を救うですね。

  2. いやいや凄い! 感動すた♪

    歴史的な記事です!

    アブぺディアとして確立!(笑)

    情報の吹き貯まりになるといいですね!(爆)
    (勿論、いい意味でね♪)

    そんな訳で・・・

    昔・・・ 杭州の名刺に・・・

    福来亭本店 杭州飯店とあると聞いた事があるような・・・(笑)

    やはり・・・ 歴史を追いかけるのは・・・ 楽しいですね♪

    1. アブぺディア(笑)。abupedia・・・募金でも募りましょうか? これがホントのオイルマネーですね。 名刺にも両店の名が刻まれていたとは・・・オイルショック!

  3. いやはや、興味深く拝読させていただきました^^

    特に各福来亭の関係性が今までよくわかっていなかったので、なんだかストンと腑に落ちた感じでスッキリです^^

    油の家系図は資料的価値が高いと思いますw

    1. 調べれば調べるほど、全く違う説もあって、必ずしも全問正解ではないと思うのですが、ひとつの説として何かの参考にしていただければ・・・って感じです。(^^ゞ

  4. キチンと背油ラーメンを食べた事が無いので、一度チャレンジしてみたい記事でしたぁ~♪

    まぁ、胃の無い猿は速効やっつけられて、トイレから出れないんですが。(笑)(*´∀`)

    油を採りたい時があるんッスヨ。

    1. 油を食べた後はお腹のケア・・・大事です。。。これが本当の「油断大敵」です。

  5. 大好きな「大盛り研究所!!」
    いつも楽しみにしています。

    が、今回は
    やはりどうしても
    違和感がありまして、、
    コメントしてしまいます。。。

    こかね食堂。
    大好きなんです!!
    苗字が
    かねこ さんなので、ひっくり返して
    「こかね」だそうです。

    個人的な感覚ですが
    行くときは
    「背油を食いにいく」って感じでは
    ないお店です。

    逆に、昨日背油だったから
    きょうは「こかね」行こっと、、って感じで
    お邪魔しています。

    実際魚介が弱いと思いますし
    ラーメンマップでも
    「鶏がらのみで」と有りますし。。
    事実はどうか
    次回取材してみようと思います!!

    1. コメントありがとうございます。かねこをもじって「こかね食堂」・・・「こねか」ではないのがいいですね。(^^ゞ
      情報ありがとうございます。 実は久しく行ってないので、記憶が曖昧でした。
      メンマの感じとか、分水の中華亭の小油(油なしくらい?)に似ていたような覚えがあったのですが・・・薄っすら背脂な感じでしたよね。
      もしかして、大油は存在しないのかもですね。背脂が少し浮いてると言うことは・・・豚も少し使用?
      「鶏がらのみ?」・・・近々に確認に行きたいと思います。
      いずれにせよ、ちょっと異色って感じで系譜に入るのは「ちょっと待った!」かもですね。
      確か?焼きそばだったか、焼きめしだったかが、珍しくソース味だったような記憶も、かすかにあるのですが、記憶が曖昧です。
      やっぱり、私も再調査してきま~す。\(^o^)/

  6. 杭州飯店で修業した店に十日町のたかみち(旧栄町のミミ)があります。
    新潟日報のラーメン本に書いてありました。

    1. コメントありがとうございます。十日町のたかみち・・・ありましたね。
      ミミの時はよく行ってたのですが、十日町に移転してからはすっかりご無沙汰です。杭州飯店で修行されたということになれば、
      直系の系譜に入れないといけませんね。
      教えていただきありがとうございました。\(^o^)/

      ちなみに、旧・栄町ミミの近くの佐助も好きだったのに・・・残念です。大肉(タイロー)ラーメン懐かしいです。

  7. 30年前くらい、まだ杭州飯店が「ラーメン屋」と言うよりは「中華料理屋」だったころ、杭州飯店の近所に住んでいた親戚宅の集まりで、杭州飯店の2階の広間を使い宴会をした記憶があります。
    宴会は、中華料理のコースだったように思います。
    当時はもう、現在のカタチの「中華そば」がありましたが、沢山ある中華料理のひとつで、今ほどの絶対的な看板メニューでは無かったような気がします。

    当時、小学生だった頃の「初・杭州飯店」の記憶ででした(^_^;)

    1. 大切な思い出話をいただきありがとうございました。
      中華料理屋さんとしての杭州飯店、とても良いお話だと思います。
      ありがとうございました。(^^)/

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。